中華街で上海蟹を食べたときに、警備会社のシステムの欠点に気づいた

中華街で上海蟹を食べたときには、
警備会社のシステムの欠点にも気づいてしまったのです。
上海蟹の美味しさは見事としか言いようがなく、
五感や五臓六腑を大いに満足させるだけの魅力がありました。
このようなことから、防衛の拠点に上海蟹が置かれていた場合には、
警備する側の警戒心が薄れてしまうと感じました。
さらに、あまりにも美味しいために、世界中で争奪戦になる恐れがありました。
やがては密漁が横行する可能性があり、
漁船や漁場の警備も同時に困難になることが予想できる状態です。
中華街で上海蟹を食べてしまったために、
人間が無防備な状態に陥ることが分かったことについては、
今後の教訓として活かしていけば欠点を修正できると考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です